So-net無料ブログ作成
検索選択

文章を書く練習 [勉強と学習の基本]


30~40年前の常識では、勉強はノートに書いて記憶する、
というのが主流だったと思います。


ところが最近は、効率が悪いからノートには書かない方が良い、
という勉強法を実践している人が増えているように思います。
また、それを勧めている勉強の本もあります。


記憶効率の面ではそうなのかもしれませんが、
ノートに書くのは単に記憶のためだけではなく、
要点をまとめて文章にする練習も兼ねているのです。


論文形式の試験では、このような文章にまとめる力が必要です。
それは、実際に自分で文章を書いて練習しないと上達しません。


その意味で、ノートにまとめていくという勉強法は、
いまでも有効であると考えています。


現代ではパソコンを活用して勉強する人も増えています。
文章をパソコンで書くことが多くなっているのですが、
試験勉強のまとめは、やはり、ノートに自筆で書くのがベスト。
本番の試験も紙に書くからです。


勉強の基本は、そう簡単には変わらないものです。 


 


タグ:勉強法
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。