So-net無料ブログ作成
検索選択

記憶のための「一手間」 [勉強と学習の基本]


記憶のためには、一手間かけて工夫すると効果の大きいことがあります。


例えばレストランで食事をする時に、調理されたそのままではなく、
ソースや塩やスパイス、ドレッシングなど、
自分の好みで加えて美味しくすることがよくありますよね。


勉強の記憶作業も似たような状況なのです。


教科書や参考書に書かれている記述や、先生がしゃべった説明は、
いわば「調理されて出てきた料理」みたいなものです。


そのままでも記憶できないことはないかもしれませんが、
一手間かけると記憶に強力に刻み込まれる可能性があります。


「一手間」の内容としては、


● 因果関係や対立関係などを意識する
● 規則性を見つける
● 何らかのイメージと結びつける


など、いろいろ考えられます。


どう覚えたら忘れにくいか、必要な場面で思い出しやすいか、
と考えながら記憶することが大事です。


こういう作業も慣れが重要で、最初は面倒かもしれませんが、
そのうちに自然に行なえるようになります。


タグ:記憶
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。