So-net無料ブログ作成

嫌いな科目を好きになる方法 [勉強と学習の基本]


いろいろな科目を勉強すれば、嫌いな科目ができるものです。
なかには、全ての科目が嫌いという人も!


「嫌い」「イヤ」という感情がどのように生じるのかを理解すると、嫌いな科目を好きになる方法が見えてきます。


察しのよい方は気づいていると思いますが、この話は勉強だけに限った話ではありません。人生で遭遇する、ありとあらゆる嫌いなものやイヤな事に当てはまります。


「好き」とか「嫌い」という感情を発生させいるのは、脳の中の小さなアーモンド状の部分、「扁桃体」です。扁桃体は、過去の膨大な経験の記憶と照合して、「好き」とか「嫌い」を瞬時に決めます。


つまり、嫌いな科目には
何かネガティブな記憶があるのです。


■ いきなり悪い点数を取って劣等感を感じた
■ 担当の先生が嫌いだった
■ その科目が扱っている対象自体にマイナスの感情がある


など、様々なケースがあるでしょう。こういった記憶が多く残ってる限り、扁桃体は「嫌い」という結論を出します。そして、扁桃体が嫌いと判断したら最後、意志の力でそれをひっくり返すことはできません。


残された方法は1つ。扁桃体が好きと判断するように持っていくことです。


つまり、その科目に関して「ポジティブ」「快」の記憶を増やすことです。些細な事でもよいので、その科目で興味の持てる所を探したり、ちょっとだけ嬉しい点数を取れるようにがんばってみたり・・・、最初はたいへんですが、「快」の感情が少しでも起これば、そこから良いループができます。そして、ポジティブな記憶が増えるにつれて、その科目を好きになっていくのです。


タグ:勉強法
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。